訪問診療に携わる歯科衛生士のスケジュール

訪問診療に携わる歯科衛生士のスケジュール

東京都足立区VIVAホーム足立神明店2Fにある歯医者「秀デンタルクリニック+KID'S PARK」では訪問診療に携わる歯科衛生士を募集しています。訪問診療とは、歯科医と歯科衛生士、そして訪問診療コーディネーターが、ご来院いただけない患者さんのもとに伺って歯科診療をご提供するシステムです。ご予約いただいた時間と場所に必要機材とともに訪問します。

日本では社会全体で高齢化が進み、ご自宅で介護を受けたり、施設に入所したりする方が増えています。とくに介護を受けている方は自分自身でブラッシングなどを行うことはなかなか難しいことです。しかし口腔ケアを怠り、虫歯や歯周病を悪化させてしまうと口腔内だけでなく、全身の健康にも悪影響を与えてしまうのです。

これからはますます訪問歯科診療をご利用される方が増えていくと考えられます。院内での診療だけでなく訪問診療を専門的に学びたい方のご応募をお待ちしています。

歯科衛生士インタビュー

< 秀デンタルクリニックに就職したきっかけ、理由 >

訪問歯科で働きたいと求人サイトをチェックしており、希望に合う条件だったこともあり入社

< 実際に就職して思ったこと、感じたこと >

訪問先の患者さんや施設などに恵まれているので、働き方や医療の提供の質を上げるための 伸びしろがあると感じた

< 秀デンタルクリニックで働いて、感じたメリット >

スタッフや院長との距離が近く相談がしやすく、仕事面のことでも意見が言えること

< チーム医療についてどう考えているか >

第一に患者さんにより良い医療をという目標が同じでないとチームとしての成長はないと思います。患者さんの目線に立つ想像力が持てないとたち振る舞いやサービスもだらしなくなり、患者さんからの信頼もなくなり効率も悪くなります。各自がしっかり責任を持って同じ舞台で仕事をしているという意識が気持ちの良い環境(職場)になり、患者さんにも笑顔で向き合える最強のチームになれると思います。

< 今後のビジョンについて >

訪問先の患者様、ご家族に、より喜んでいただけるようにスキルアップに努めたい。一人でも多くの人に最後の日まで口から食事を摂れるように貢献したい

歯科衛生士インタビュー

DH.Kobayashi

< 秀デンタルクリニックの強みとは? >

  • 良い医療が提供できる環境が整っている患者さんが多いことで治療などの経験が多くなり、腕を上げることができる。
  • スタッフ一同Happy感があること


< 就職を考えている方にメッセージを >

優しい方に仲間になってほしいです

仕事の流れ

訪問診療は通院困難な方のための歯科診療です。そのため、治療はもちろん、予防のための口腔ケアが欠かせません。歯科衛生士の役割も大きいといえます。こちらでは、訪問診療を行う際の仕事の流れをご紹介します。

出勤・カルテチェック・症例相談

まず、その日診療予定の患者さんのカルテチェックを行います。ドクター全員で治療や診断について情報を交換します。

朝礼

歯科衛生士だけでなく、歯科医師やコーディネーター、歯科助手、事務局の方を含めたスタッフ全員で朝礼を行います。患者さんの情報の共有・引き継ぎなどを行う時間です。

出発

診療スケジュールを確認し、必要な器具を用意します。歯科医師と一緒にコーディネーターの運転で患者さんのもとへ向かいます。

出発

午前の診療開始
午前の診療開始

患者さんのいらっしゃる施設やご自宅に到着しましたら治療器具のセッティングを行い、準備をします。そして診療開始です。歯科医師の診療のサポートのほか、ブラッシング指導や歯のクリーニング、嚥下リハビリテーションなど必要に応じた口腔ケアを行います。

お昼休み

午前中の診療が終わりましたら昼食の時間です。医院の近くにいるときは、医院に戻ることもできます。

午後の診療開始

午後の診療の場所に向かいます。到着後、準備を整えて診療開始です。休憩は次の診療を行う場所への移動間に取ります。

午後の診療開始

診療終了、医院へ

すべての診療が終わりましたら、医院へ戻り、機材を片づけ、カルテの入力を行います。スタッフ同士での指導や確認を行い、コーディネーターと次回の診療予定について打ち合わせをします。また必要に応じてほかのドクターとの情報共有を行うのもこの時間です。

就業・帰宅

本日の診療は終了です。